【大和市】「こもりびと」呼称がちょっと話題に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年10月から大和市が開始した「こもりびと相談窓口」ですが、こもりびとの呼び方は大和市が独自に付けた呼称です。

市は10月 1 日大人のひきこもりの相談窓口を開設します。「こもりびとコーディネーター」が、概ね6か月以上ひきこもっている人やその家族が抱える 多様な問題について、相談をお受けします。

※ いわゆる「ひきこもり」のかたがたに寄り添いたいとの思いから より温かみのある「こもりびと」という呼称を使っています。

http://www.city.yamato.lg.jp/web/f-soumu/f-soumu01211710.html

大和市 中高年のひきこもり支援 10月から 専用ダイヤルも(タウンニュース)

神奈川)「こもりびと」に寄り添う 大和市が相談窓口 (朝日新聞)

「引きこもり」を「こもりびと」に言い換えたら支援窓口に相談殺到のワケ(ダイヤモンドオンライン)

大人の引きこもり相談、2カ月間で計62件 大和市、「こもりびと」とネーミング(神奈川新聞)

ちなみに「こもりびと」という呼称については、2010年のブログエントリで推奨している人もいますね。

ブログ開設のご挨拶
「ひきこもり」に思い悩んでいる家族は多いと思います。 ひきこもっている当人はもちろん親も兄弟も家族全員がいろいろな思いを持って生活していることでしょう。 私にも長年にわたってひきこもっている子供がいます。 私の場合、ある時までは我が子の「ひきこもり」に対する思いはすべてが「否定的」でした。 ところがここ数年考え方が「肯...

コメント

タイトルとURLをコピーしました