【大和市】コロナ禍 中古マンション価格上昇4位に

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
関連記事

その結果、全国で中古マンション価格が大きく値上がりしたのは北海道エリア。なかでも、札幌市厚別(あつべつ)区が上昇率日本一であることがわかった。
次いで上昇率が高かったのはさいたま市の大宮区、3位は大阪市西淀川区、4位は神奈川県の大和市と、意外な市区町村名が並ぶ結果となった

「コロナ禍で、中古マンション価格が日本一上昇したのはどこ? 2位はさいたま市大宮区」https://news.yahoo.co.jp/byline/sakuraiyukio/20210224-00223611/

2020年9月と2021年1月の中古マンションの売り出し事例価格の比較。記事中では、もともと中古マンション価格が低い点、都心から40km範囲であることが理由として挙げられています。

もともと中古マンション価格が低い点についてはその通りだと思います。私も移住を検討した際に、交通の便の良さに反して、価格がとても魅力的だと感じました。

当時はそこそこ騒音もあったので、それも一因ではないかと考えていたのですが、米艦載機移駐によりかなり改善しているので、今だとさらに安価に感じるかもしれませんね。

子育て支援にも積極的に取り組んでいる印象もありますし、相鉄線の東急乗り入れなども予定されているので、

人口減少ペースが遅くなるという程度かもしれませんが、今後も人気がでてくるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました