大和市もまん延防止適用 酒類の提供は終日停止

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
関連記事

神奈川県は24日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、横浜、川崎、相模原の3政令市に適用している「まん延防止等重点措置」について、鎌倉、厚木、大和、海老名、座間、綾瀬の6市を対象地域に追加することを決めた。6市の適用期間は4月28日~5月11日で、大型連休中の対策強化を図る。

https://www.kanaloco.jp/news/government/article-480754.html

横浜、川崎、相模原に続き、鎌倉、厚木、大和、海老名、座間、綾瀬もまん延防止等重点措置に適用されることになりましたね。

この措置により、飲食店への時短要請、命令をすることなどができ、違反に対する過料なども科せるようになります。

要請する営業時間や酒類の提供については都道府県によって異なりますが、神奈川県はこれまでの19時までから終日停止にするようです。

大和市の感染状況は以下の通りです。※出典:http://www.city.yamato.lg.jp/web/iryou/iryou00000001_00004.html
神奈川県の発表を元に大和市が作成したもの。

年明けの拡大ほどではない状況ですが、まん延等防止措置の意味合いからすれば、妥当な時期なのかもしれません。

「いつになったら終わるんだ・・・」といった気持ちの方は多いでしょうね。管理人は元々インドアなのでプライベートはそれほど変わりませんが、勤める会社の業績の方はボロボロ。できることを探していくしかありませんね。

酒類が終日停止ということで、路上飲みも増えるかもしれませんね。

コメント

  1. 匿名 より:

    大和は人口比の感染者数多いし米軍基地あるしで仕方ないでしょうね

タイトルとURLをコピーしました