書籍「大和市の歴史」はお値打ち価格

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
関連記事

過去に発行された市の歴史に関する書籍は、昭和53年から平成18年にかけて刊行した、全10冊の「大和市史」。そして、専門家の論文をまとめる形で昭和50年から継続して刊行してきた、41冊の「大和市史研究」などがあります。いずれも時代やテーマごとに市域の歴史を詳細に紐解いているため、詳しく知りたい方にとっては読みごたえ十分なものとなっていますが、市域の歴史の魅力やポイントを知りたいという方にとっては、扱いにくいものでした。そこで市では、より多くの市民の皆さんが気軽に郷土の歴史に親しめるよう、市域の歴史を一冊にまとめたものを約1年半かけて編集しました。

http://www.city.yamato.lg.jp/web/kouhou/n20200601.html

「大和市史」と「大和市史研究」をまとめて1冊にした「大和の歴史(全799ページ)」が今年の6月に刊行されています。市内外の図書館や市内小中学校には無償頒布されているほか、市役所1階の情報公開コーナーで販売(2700円)もしています。

私も大和市史はたまに図書館で借りていたのですが、記録しないとすぐに忘れちゃうため、手元にあったらなぁ、と思っていました。1年半かけて編集、、、すごく大変な作業。調査に関わってきた方々の魂がつまった一冊ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました