【大和市 6/15~】次亜塩素酸水の配布場所は市役所に変更

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

※追記:6月30日で終了が発表されました。

次亜塩素酸水の配布場所が6/15から、市内小中学校10か所から市役所1か所に変更になります。

利用者が少ないためなのか、次亜塩素酸水の効果が十分に検証されていないという報道があったためなのかは分かりません。

時間帯等の詳細は下記リンク先をご参照ください。

市内小中学校10校での配布は6月14日(日)までとなります。

6月15日(月)以降は 大和市役所 での配布となります。 

 配布日:日~木曜日(祝日を除く)※金曜、土曜は配布を行いません。

 配布時間:午後1時~午後4時30分

 配布場所:大和市役所北側駐車場付近(イオン連絡橋付近)

http://www.city.yamato.lg.jp/web/kanzai/ziahaihu.html

次亜塩素酸水のCOVID-19への効果については、経産省ホームページをご参照ください。

6/5現在のステータスは、「データが不十分なために検証中」となります。
塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例が報告されているのは事実ですが、様々な条件を検証しないと、一様に効き目があるとはできないということのようです。

新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します(第二弾) (METI/経済産業省)
(独)製品評価技術基盤機構で行っている消毒方法の有効性評価について、第4回検討委員会が開催され、新たに2種類の界面活性剤が、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。

大和市はいち早く市民に配布を始めたということで話題になっていましたが、効果がないとなれば残念ですね。情報が少なくて、収集している過程では、スピード感と正確性はトレードオフですから、仕方ないといえば仕方ないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました