パワハラ問題は泥沼化しつつある? 元副市長を近々提訴

※前回記事

元副市長による、市長パワハラの指摘報道がありましたが、その後続報がたくさんでています。

神奈川 大和市の元副市長 “市長の言動に追い詰められ辞職”(NHK)
「裁判で訴える」パワハラ報道の大和市長、会見打ち切り(朝日)
大和市長パワハラ疑惑 別の元副市長も証言「自分も被害」(カナロコ)
辞職副市長の「市長がパワハラ」発言、市長は「近々提訴する」(読売)
大和市長パワハラ疑惑 市職員組合、6月中に調査結果を公表(カナロコ)

市長側は、事実ではない、名誉回復のため裁判で訴える、虚偽の情報をマスコミに流した前副市長の責任を問う、といった対応も検討しているようです。

最初の報道を確認した限りでは、具体的な内容はほとんど掲載されていないので、「人事異動を示唆」「理不尽な理由で叱責」「パワハラ的な言動」「やめるように進言」あたりについて訴えることになるのかな。進言については言った言っていないになるでしょうね。

別の副市長や元部長などの証言も報道されているので、市長側はなかなか厳しい状態かもしれませんが、大切な問題なので、真摯に向き合うことが必要だと思います。