【すっかり穴場に】大和市市民活動拠点ベテルギウスに行ってきた

スポンサーリンク
周辺スポット・コラム
スポンサーリンク

シリウスとか、ベテルギウスとか、ポラリスとか書くと、題名だけでは何の記事だかまったく分からなくなってしまいますね・・・。

ホールや図書館のある施設「シリウス(大和市文化創造拠点)」や今年の8月に中央林間に開設した「ポラリス(大和市市民交流拠点)」はかなり人が集まっているようですが、

旧図書館・生涯学習センターであり、部室や市関連団体のある施設「ベテルギウス(大和市市民活動拠点)」はどうなっているかと思い、行ってみました。

新しい市民交流拠点の名称は「ベテルギウス」か!?(旧図書館・生涯学習センター)
今日、2018年4月に市民交流拠点として再オープン予定の旧図書館前を通りました。 公園の整備が進められていますが、旧図書館、旧生涯学習センターともに外装工事は終わっているようで、間にある広い駐車場もすでにオープンしているようです。 ...
スポンサーリンク

ベテルギウスの改装前

まずはここからですよね。ベテルギウスは大和市の市民活動拠点と位置付けられた施設です。シリウスができる前は、図書館やホール、生涯学習センターとして活躍していました。最寄駅は大和駅で徒歩10分くらいのところにあります。ちなみにベテルギウスは恒星の名前で、冬の大三角形の1つに数えられます。

ベテルギウスの改装後

シリウスに図書館やホールが移動した後に、旧図書館・生涯学習センター(現ベテルギウス)は改装に入りました。といっても生涯学習センターは本館とホールは解体して、財源確保のための駐車場として貸出し、旧図書館と生涯学習センター北館のみ残っています。

古くて趣のある感じだった図書館も、シリウスに予算を取られてしまったためか、質素な感じに仕上がっています。

ベテルギウスにはどんな施設が入っているの?

ここからが本編。さっそくどんな風になっているのか見てみます。

概要

基本開館時間:09:00~21:00
休館日:第3月曜日と年末年始
住所:神川県大和市深見西1丁目2−17
大和駅徒歩10分くらい

交流スペース

旧図書館の入口を入ったところにある交流スペースで、誰でも自由に利用できます。訪れた時は数名座っていただけで、かなり空いていました。ちなみに公衆無線LANも利用でき、飲食もOK。素晴らしいじゃないですか。シリウスで場所取りに苦労している受験生諸君、今がチャンスです!

部室(旧図書館)

こちらは市民の集まりや団体が利用できる部室です。1階と2階に狭いブースから広いスペースまで全51室あります。広さは7.6㎡~17.4㎡で、月額2,800円~6,200円とかなりお値打ち。非営利団体であることや、構成員の半分以上が大和市民であることなどの条件があります。予算の都合上(?)パーティションで区切られているだけなので、隣室に声は通りそう。

シルバー人材センター(旧図書館)

シルバー人材センターは、高年齢者が働くことを通じて、地域社会の活性化に貢献します。また働く方も貢献を通してやりがいを得ようという組織です。全国にありますが基本的に市町村単位での独立運営。ゴミ出しや掃除洗濯・大工仕事などの家事サービスから、電球交換・自動車運転・駐輪場整理などなど、身の回りにかかわるサービスを請け負っています。大和市は70代を高齢者と呼ばない都市ですが、ご心配無用。こちらは60歳以上が登録可能です。

起業家支援スペースRigel(旧図書館)

起業家のためのスペースです。Rigelはベテルギウスと同じくオリオン座の恒星です。wikiによるとβ星ですがα星であるベテルギウスよりも視等級(明るさ)では上だとか。まさに輝かしい未来を掴む人が利用する場所です。

青少年センター(旧図書館)

青少年センターは、青少年の育成の為に市町村に設置されています。青少年登録団体の支援や、児童館の運営、親子ナイトウォークなどのイベントも主催しています。

青少年センター会議室(子ども向け遊び場も)

ベテルギウス内青少年センターには会議室が2つあります。そのうち1つは、時間帯により絵本などを置いた遊び場として解放しています。幼児くらいの子は良いかもされません。

会議室利用には団体登録が必要ですが、遊び場は青少年センター受付で記名すれば誰でも利用できます。

青少年相談室(旧図書館)

青少年相談室は、青少年自身、青少年の問題行動に悩む保護者や学校の先生が利用できる相談窓口です。一般相談、不登校相談、教育支援教室などなど幅広く相談し、助言やカウンセリングを受けることが可能です。

来室以外にも電話でも相談受付をしています。市役所ホームページ(リンク)

有料駐車場(旧生涯学習センター)

かなり大規模な有料駐車場で誰でも利用可能です。財源確保のために、市が民間駐車場事業者に土地を貸しているものです。1日上限500円で付近の相場水準ですが、かなり広いので、ほぼ確実に止められるのはありがたいところ。ちなみに施設の駐車場はなくなったため、車での来館の際は有料でこの駐車場に止めることになります。ベテルギウスの面積の半分以上はこの駐車場です。

公園

ボールが使える公園で、ネットに囲われており、バスケットボールのゴールがあります。旧生涯学習センター北館の壁に大和市イメージキャラクター「ヤマトン」が描かれています。

大和市国際化協会(旧生涯学習センター北館)

大和市国際化協会は、大和市に住む外国人のサポートをする組織で、多言語通訳窓口をはじめ各種教室や講座などを開催しています。また「やまと国際交流フェスティバル」や「やまと世界料理の屋台村」などのイベントも運営しています。

スポーツ・よか・みどり財団(旧生涯学習センター北館)

大和市スポーツ・よか・みどり財団(愛称:とりころーる大和)は、名前のとおりスポーツ事業、余暇事業、みどり事業を通して、大和市をもっと楽しく、面白くしていく活動をしています。大和スポーツセンターや大和スタジアムをはじめ、各スポーツ広場もとりころーる大和が運営しています。

大和・綾瀬更生保護サポートセンター(旧生涯学習センター北館)

更生保護サポートセンターは、罪を犯した方の更生や助言などをしている保護司の活動拠点です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました