新しい市民交流拠点の名称は「ベテルギウス」か!?(旧図書館・生涯学習センター)

スポンサーリンク
周辺スポット・コラム
スポンサーリンク


今日、2018年4月に市民交流拠点として再オープン予定の旧図書館前を通りました。
公園の整備が進められていますが、旧図書館、旧生涯学習センターともに外装工事は終わっているようで、間にある広い駐車場もすでにオープンしているようです。

ふと、駐車場の看板を見てみると、駐車場の名前が書かれています。

・・・

「アットパーク市民活動拠点ベテルギウス」

・・・

アットパークは駐車場の名前でしょうから、「ベテルギウス」が新しい市民交流施設の名前とも読み取れます。
施設の名称で合っていれば、なんだかおもしろい名前ですね。というか、図書館やホールの機能を備えた文化創造拠点「シリウス」に続いて、星座「冬の大三角」にちなんでいるのでしょうか。

まさか、次はプロキオンでしょうか!?
できるとすれば、どこでしょうね。(近隣では、”ベテルギウス”に移動する青少年センターの建物が休館になりますが。。)

2018年8月オープン予定の「大和市北部文化・スポーツ・子育てセンター」(旧市営緑野住宅跡地)情報まとめ
新施設「大和市北部文化・スポーツ・子育てセンター」が2018年8月オープン予定 2018年8月に、旧市営緑野住宅の跡地に「スポーツを中心とした誰もが利用しやすい交流拠点」をコンセプトとした新しい施設がオープン予定です。中央林間地区街づくり...

シリウスのときは、確か公募で「yamato文化森」とされていましたが、それはシリウスや大和天満宮、各種テナントを含めたビルの名称でした。それが直前にシリウスと言われて戸惑った記憶がありましたが、今はだんだん定着してきています。

なので、そのうちベテルギウスも定着するかもしれませんね。

「ベテルギウスで待ち合わせな!」

てな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました