【大和市知っ得制度】自転車講習を受けると保険付きTSマークが半額に

スポンサーリンク
周辺スポット・コラム
スポンサーリンク

※この記事は2018年6月現在の情報です。最新の情報は大和市のホームページをご参照ください。

スポンサーリンク

大和市は自転車事故が交通事故全体の3割と比較的多い

大和市は地形が平坦なので、自転車の利用が多い市です。少し古いデータですが、平成22年の自転車事故は448件で、交通事故全体の約31%、特に15歳以下と65歳以上の事故率が高い傾向があります。

小中学生は歩行者の交通ルールは教わっていたとしても、”車両”としての自転車運転は必ずしも習熟していないこともあり、急な進路変更や見通しの悪い道でスピードを出している姿が見られます。
運転者自身のケガはもちろんですが、不運にも相手方に重大なケガや障害を負わせてしまったら大変です。

【大和市知っ得制度】実は無償で家具転倒防止できます。高齢者/障害をお持ちの方のみの世帯で
家具転倒防止器具取り付け支援事業とは!? 題名そのままですが、家具転倒防止器具を市が無償で行ってくれる事業です。阪神大震災のときには、家具の下敷きによる圧迫市が全体の9割を占めたというデータがあり、家具転倒防止器具をつけておくことは地震災...

TSマーク助成自転車安全講習会とは!?

大和市では、自転車を安全に利用するための講習会を開いています。講習を受けた人は「自転車安全運転認定証」、小学生は「自転車運転免許証」をもらうことができます。さらに、TSマークという自転車の安全性を証明する保険付きマークの取得費用の半額を助成してもらうことができます。整備点検では2000円のうち1000円、新規取得では1000円のうち500円です。もちろん、講習会の受講だけでも大丈夫です。

安全講習参加で助成されるTSマークとは!?

TSマークは、自転車安全整備士が点検確認した安全な普通自転車であることを証明するマークです。(有効期間1年)
青色と赤色がありますが、大和市の安全講習で助成されるのは赤色TSマークです。

赤色TSマークに付帯する保険は、運転者自身がけがをして入院した場合や、相手に障害を与えてしまった場合などに適用されます。自転車といえども、状況によって大きな損害賠償が発生するときがありますから、このような保険に入っておくと安心です。


※大和市HPより

安全講習会の受講方法やTSマークの取得方法は!?

安全講習会は年度ごとに指定日が設定されています。平成30年度はこちら前日までに大和市役所4階道路安全対策課(046-260-5118)に電話で申し込みをします。
安全講習会は市内在住の小学生以上が受講できます。
約1時間の講習会後、「自転車安全運転認定証」または「自転車運転免許証」を受け取ることができます。

「TSマーク助成申込書」の裏側に記載されている協力店で、「TSマーク助成申込書」と「自転車安全運転認定証」または「自転車運転免許証」をお店で提示することで、TSマークを半額で取得することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました