【大和市】避難場所混雑モニタを公開–株式会社バカンが無償提供 2021/2/4

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

大和市避難場所混雑モニタURL

ユーザー側は有事の際に以下のURLにアクセスすると混雑状況を確認できます。https://vacan.com/area/yamato-city-evacuation/evacuation-center/12

災害時に避難所などの混雑状況を事前に確認 協定を締結

避難所などの混雑状況は、同社のリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN(バカン)」によって行われ、インターネット上で確認することができます。有事の際は、市職員が、「空いている」、「やや混雑」、「混雑」、「満」の4段階で混雑状況を評価し、システムに入力。避難者は、スマートフォンやパソコンなどで指定されたURLにアクセスすると、地図上に避難所などが表示され、どなたでもアプリなどのダウンロードなしで開設の有無や混雑状況がわかります。

http://www.city.yamato.lg.jp/web/kouhou/n20210204.html

大災害の際に避難人数に偏りがでてしまうと、混乱の原因になりますから大切ですね。一応、居住地域によって避難場所は定められています(http://www.city.yamato.lg.jp/web/bousai/hinan-jichikaibetu.html)が、どの避難所が開設されていて、どの程度の混雑なのか一目でわかると良いですね。

プラットフォームを無償提供をした株式会社バカンは主に混雑のモニタリングにフォーカスしたサービスを色々提供しているようで、飲食店や避難所、トイレの混雑をリアルタイムで確認できるサービスや、飲食店などの席待ちのチケット発行システムなどを提供しています。

株式会社バカン https://corp.vacan.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました